異分野交流・連携プラットフォーム – Find a Way to Go Beyond Boundaries

島根大学

研究情報Research Information

講義・演習型教育を行う工学系科目を対象とした学ぶ力を向上させる教育法の研究

研究者名
藤嶋教彰
所属
松江工業高等専門学校
研究分野
キーワード
, ,
参考ウェブサイト
https://researchmap.jp/noriaki_fujishima/
掲載日:2020-07-06

研究紹介

社会へ適用する力を育む責務が大きい高等教育機関では講義・演習型の授業を含めて「他人と協調して学び、自らを成長させる力」を育む必要があります。本研究では、学年や授業の特性に合わせ、かつ学生間で学べる時間を設ける教育法を立案し、その効果を検証しています。

私、こんなことができます

これまで行った授業実践で明らかになった知識を提供できます。パワーポイントを用いた授業やmoodleを用いた復習テストなどのICT活用教育を行うことができます。予習で授業内容の解説動画を見て、自主学習してもらう反転学習の実践も可能です。

こんなコラボレーションができたら嬉しい

(1)教育心理学的な特性を踏まえた授業カリキュラムを作りたい、(2)客観的な指標をもとに授業の効果を検証したい、という要望があります。これらと合う、授業法に関する研究をされている研究者とのコラボレーションができると嬉しいです。